レーザー脱毛による肌のダメージについて

レーザー脱毛は脱毛効果が高いので試してみたいけど、肌にダメージが起きないかが心配ですという人も多いでしょう。



これは個人差もありますが、やはりレーザーを使用する以上、軽いやけど症状になる人は多いです。



やけどとまでは行かなくても、肌が多少赤くてひりひりする、日焼けの初期のような症状になることがあります。


レーザー脱毛はレーザーを使用するため、ほとんどの人が、施術中に輪ゴムで弾かれるような痛みを感じることもありますが、どうしてもその痛みが耐えられない場合は、スタッフに言って出力を弱めてもらうようにしてください。

ダメージが出た場合は、クリニックですので、塗り薬を処方してもらえます。



またダメージの程度によっては、他に内服薬が出されることもありますし、しばらく施術を中断して様子を見ることもあります。



では、レーザー脱毛の施術中は問題がなかったけど、帰宅してから痛みが出て来た場合はどのようにすればいいのでしょうか。



この場合は、傷む部分を冷却シートなどで冷やし、できるだけ早く、施術を受けているクリニックで、患部の治療を受けるようにしてください。
必ず痛みが治まるまで冷やし続けるようにしましょう。



ダメージは軽度の腫れややけどが比較的多いのですが、中には毛嚢炎を起こすというケースもあります。



毛嚢炎はニキビのような吹き出物ができ、かゆみを伴います。



特にVIOゾーンのような体毛の太い部分は、この毛嚢炎にかかりやすい傾向がありますので、吹き出物のできやすい人は注意してください。

関連リンク

  • どのような脱毛方法であっても施術の際には多少の痛みが生じるものですが、現在最も人気のある脱毛方法の一つとなっているレーザー脱毛も例外ではありません。レーザー脱毛で痛みが生じるのは、レーザーによる熱のダメージが原因です。...

  • 海で泳いだり、ビーチバレーをしていると、知らないうちに水着が少しずれてしまうことがありますが、そのときにビキニラインのムダ毛が、少しだけはみ出すようなことがあります。本人は気付かないのに、他の人がそれに気づいていることもあるので、もしそのことを後で知ったら、恥ずかしくてたまらなくなるでしょうね。...