レーザー脱毛を受ける上で生じる痛みの対処法とは?

日常生活の中でいざ手軽に脱毛をしようと思うと、ついつい毛抜きや剃刀などでケアを済ませてしまう方向へと傾きがちですが、そういった処理を続けていると肌トラブルを招いたり、あるいは埋没毛が生じてしまうことになりかねません。



そのリスクをなくすためにもムダ毛の処理はプロの手に委ねるのが一番です。


中でもエステで受けることが出来るレーザー脱毛は最も代表的な施術法と言えるでしょう。



このレーザー脱毛の仕組みは、機器から発射されるレーザーが皮膚の下部にある毛根や毛乳頭のメラニン色素を見つけ出して影響を与えることで温度を上昇させ、破裂音と共に組織を破壊するというもの。これによって肌を傷つけることなく内部の毛のみを狙い撃ちすることが可能となるのです。


こうして成長力を失ったムダ毛は、施術後2、3日くらいすると毛穴から抜け落ちていきますので、その後はムダ毛のない綺麗な肌を獲得することができます。



ただし、このレーザー脱毛は毛根がレーザーの影響を受けて破壊されるたびに輪ゴムで弾くような痛みが生じます。



痛みが苦手の人の中にはこうした刺激に耐えきれずに、せっかく契約したのに足が遠のいてしまう人も少なからず存在します。

しかし、エステサロンではこういった痛みの苦手な人のために様々な趣向を凝らして対策を練っています。



ですので痛みがキツいなと感じた時には我慢せずに口に出して言うことが大切です。



そうすれば脱毛士が患部をこまめに冷やしてケアしてくれたり、あるいは麻酔クリームを塗ることで痛みを散らすことも可能です。



こうした対策によってレーザー脱毛がもっと身近なものになることでしょう。



関連リンク

  • 日常生活の中でいざ手軽に脱毛をしようと思うと、ついつい毛抜きや剃刀などでケアを済ませてしまう方向へと傾きがちですが、そういった処理を続けていると肌トラブルを招いたり、あるいは埋没毛が生じてしまうことになりかねません。そのリスクをなくすためにもムダ毛の処理はプロの手に委ねるのが一番です。...

  • 男性並みに剛毛な女性もいますが、無駄毛の自己処理に苦労している人が多いです。自分の目の届く範囲なら自己処理もしやすいですが、背中やお尻などはなかなか自己処理がしにくい場所でもあるので、無理に自己処理をして肌を傷つけることが多いです。...